logo2..jpg



目次
1・禁煙についての悩み事とは?

2・簡単に禁煙に成功した秘密とは?

3・意思の弱い人でも1週間で禁煙に成功する方法とは?

4・他にもこんな禁煙方法の情報を見つけました!

5・今後もあなたは禁煙に失敗し続けますか?

6・禁煙マニュアルを賢く入手する方法とは?

7・禁煙したい人の為の無料相談実施中!



situmonbana.jpg



手元にタバコ


少しずつ減らして行ってもらいましょう!
いきなりやめるのは無理だと思いますねよ。
最初はある程度我慢が必要になると思いますね。

食後など吸いたくなると思うのですねが、
「やっぱりもう少しあとで吸おう」って本人が思う事だと思いますね。
「あとで」って、そのときはガムを噛んでみる。
もしくはアメかな。このとき手元にタバコを置いて、
いつでも吸えるからという安心感を持たせておくと良いと思いますね。

それを続けて1日3本位になればもう一息ですねよね。
私はこれでやめることができましたけどね。

あとやめれると思った時にタバコを1箱、自分の手でゴミ箱へ捨てさせる
といいかもしれません!

私は使っていないのでわかりませんが、ニコレットってのも薬局に売ってますねよね。

タバコをやめる強い意志


本人が辞めよう!っていう強い意志がないとなかなか難しいですね。
私の周りには、タバコを20年吸ってきてパッと辞めた人がたくさんいるんですね。
その人たちに共通するのは、辞めようという自分の意思が強いことですね。

そうでないと、周りからどんなに警告しても辞めれないのが現状ですね。
うちの旦那がそうですね。
自分の父と弟とイトコの男の子4人の合計6人が一気にタバコをやめ、仲の良い友達もほとんどの人が辞めました。皆 理由が、タバコの値上がりと、何処へ行ってもタバコを吸う人は嫌われるし、吸う場所すら今は無い。からでした。
自分も周りに辞めた方が体の為だと忠告されても、それでも、吸っていますね。
子供の学校行事のときにも、携帯灰皿を持参して吸っていますね。。

周りの皆は自分で吸うのを辞めているので、病院へまでは行っていませんが、あなたのお母さんは多分 やめれそうにないので、病院で今は タバコ依存症の人用にコーナーが設けてあって、そこに行けばいいでしょう。

保険も使えますね。

毎日タバコを吸っています


母は今50過ぎですねが、毎日タバコを吸っていますね。

普通なら本人に任せる、としたいところなのですねが、
母はもともと心臓が悪く、7年前に心筋梗塞も起こしました。
血圧も高く、ここ数年体調を崩しやすくなっていますね。

私が最近タバコの煙が以前より苦手になってしまったので、
家で吸うときは台所の換気扇のところで吸ってくれてはいますねが、
私は自分の被害などはこの際どうでも良くて、とにかく母の体が心配ですね。

特にここ最近は禁煙をしつこく勧めているのですねが、そのうちやめると言ってあしらわれますね。
私も協力するからちょっとずつ減らしていこう?と言っても、
少しずつ抑えていく方がつらいから、やめるときになったら今まで通りから即ゼロにすると言って聞きません。
ですねが母本人、タバコを吸っていることをすごく気に病んでいて、やめたいという気持ちは山々らしく、
責めると本当につらそうな顔をするので、あまり強く言い過ぎることもできません。

私がしつこく心配することもあってか、最近は自分でも良く「やめたい」と口にしていますねが、
何十年も吸ってきているので、今すぐに、というわけにはいきそうにないんですね。
しかし私は母の体調を見る限り、一刻も早くタバコをやめてほしいと願っていますね。

タバコを毛嫌い


ただ単にタバコを毛嫌いしているわけではないのですねよね。
実際に、タバコの煙が原因で気管支炎になったりしている。実害を被っているわけですね。
こうなると、「本当に彼が好きなら我慢できるはずだ。」とかっていうレベルの話ではないですねね。

お互いの健康のために、タバコをやめて欲しい、と強く彼にお願いしてみてください。
どうしてもやめるのが不可能なら、せめて目の前では吸わないで欲しい、と。
質問者さんの体がタバコの煙に弱いんだ、ということを強調してもいいと思いますね。
それがエゴだとは、私は思いません。
自分の体を守れるのは、最終的には自分だけですね。
どうしてもタバコがやめられない、目の前では吸わないという約束もできないという場合は、
脅しではなく本当に別れる、と言えば彼も真剣に考えてくれるのではないでしょうか。

タバコごときで別れるなんておかしい、という人もいるかもしれません。
でも、体がタバコの煙を受けつけない人が喫煙者と一緒にいると、本当に辛いんですねよ。
タバコをやめるのだって辛い、というかもしれません。
しかし、喫煙者であっても他人の煙は嫌だ、と言う人もいるのに
タバコの煙が苦手な人が喫煙者の煙に晒されて過ごすなんて、無理ですね。
我慢できるとかできないとかの話ではないんですね。

でも、好きな相手のためにタバコをやめる、ということはできると思いますね。
彼の気持ち次第ですねけど・・・。
タバコをくわえて産まれてきた人はいませんよね。
人間は、本来はタバコなんて吸わなくても生きていけるんですねから。

《追記》
彼にはタバコをやめて欲しいが、彼の気持ちを考えるとやめてくれとは言いにくい、ということですねか。
あなたの想いはハッキリ言葉にしないと、彼に伝わらないと思いますねよ。

「でも、言えない。」ということなら・・・。
あなたが耐えがたきを耐え、タバコを吸う彼と一緒に過ごして
体を壊すのもやむなし、ってことですねかね。
あなたが体を壊して苦しんでいる姿を目の当たりにすれば、
彼もタバコをやめてくれるかもしれませんけど。

タバコ嫌い


私もタバコ嫌いですね。プラス喫煙をする夫、お腹に子がいる立場から回答しますね。

まずは無理にやめさせる、というのは難しいと思いますね。彼氏さんのご実家はタバコを吸っていたという
ところで、迷惑であるという認識は薄い、別に吸っても構わないという背景があるのでそれをまっこうか
ら否定するわけですねから、根気がいると思いますね。

あなたと彼氏でタバコルールをしっかり決めることですね。吸うときは必ずベランダで、運転中は吸わない、自分からは離れて、喫煙所で、などですね。
あとは我慢ばかりさせないこと。私ごとですねが、最近まで結婚のために親類への挨拶周りが多く長距離運転も増えたのでこまめに吸ってきたら?と言うことは多かったですね。

妥協しろ!とばかり言ってるようになっちゃいますねが、もちろん自分の意見もしっかり伝えることですね。洗濯をするときはここぞとばかりに「くっせぇぇ!」と叫んで迷惑かけてるんだよアピール!…かなり嫌な女ですねが。

私の気持ちを理解してもらうのも大事ですねが、彼の気持ちも理解しようと努力することも大切だと思いますね。

また結婚や子供ができればタバコを吸う人は禁煙をしようかと考えてくれる方も多いとおもいますねよ。
夫は最近病院の禁煙外来に興味を持ち始めたので、私としてはうれしいですね。

タバコなんてなくなりゃ〜いいのに、私も思いますね。しかし社会に出れば吸っている方も多いという現実ですね。さらに今では喫煙所が遠く離れた場所、寒い外、少しかわいそうですねね。
ルールを守ってくれるなら許してあげるべきかなという結論ですね

煙草の販売


急には煙草の販売を規制できませんよ。

煙草農家のことも考えたことはありますねか?
日本の煙草は、日本で育てているんですよ。
痩せている土地でも育てやすくて、
背丈が大きく緑の豊富な煙草を取り上げたら、
何を育てたらよいのでしょう?

それに煙草の税って、ほとんどが県民税です。
「煙草は地元で買いましょう」って昔言われませんでしたか?

生産県である新潟県には
新潟限定ストロベリー味の煙草がありますね。
ぜひ煙草は新潟県で買ってください。


そんな私は
今年で禁煙10年目です。

煙草より葉巻のほうが、
そしてパイプのほうが、ニコチンやタールを吸い込まないっていう話を
聞いたことがありますね。
今年から天皇からの贈り物で葉巻はなくなりましたね。
葉巻を贈るというのも、たしか名誉あることだった覚えがありますね。

麻薬同様、世界的に規制になったら、
販売しなくなるかと思いますねが、
1本数億っていう値段がつくのかもしれませんね。

禁煙セラピーを読んで


禁煙セラピーを読んで簡っ単にやめられましたよ。
「卒煙」ですね。もう吸いません。
夫もそれでやめました。友達も。何人もやめていますね。
意志の強さは全然関係ないですね。恥ずかしく思う必要もないと思いますね。
「2冊読み終わって失敗」…何度も読んでみてはいかがでしょう?
「ようは気の持ちよう」とあの本は言ってるだけですねが…
普通の大人の読解力があれば大丈夫ですねよ。
もう一度言いますねが意志の強さは関係ないですね。

煙がおいしいわけないじゃん!錯覚錯覚!
ただの習慣ですねよ
おいしくもないし、体にも悪い、税金たっぷりの煙を、
お金払って吸いこみつづけるなんていや!
煙草会社にだまされているだけですね!JTなんてつぶれちまえ!
人間はそりゃいつかは死にますねが…それは屁理屈でしょう
(夫も煙草をやめる前はよく言ってました)
煙草の影響で肺気腫にでもなれば、
死ぬこともできずに何十年も苦しみ続けますねよ!!

「愛飲」とか言ってる時点で本当に煙草をやめたいの?とも思いますね…
読む前から心が閉じちゃってるんでしょうか?
煙草をやめるのを恐れる気持ちがあるんでしょうか?!
つらい気持ちはわかりますねが…
心を開いて、もう一度、二度、何度でも本を読んで、
煙草をやめて、煙草に縛られない自由な人生を楽しんでください!

私は禁煙


私は禁煙(休煙)7年目ですね。それまでは軽いタバコにしたり、強いタバコにして本数を減らしたりいろいろやっていました。禁煙の決意をしてもやめるのは、せいぜい2〜3ヶ月程度でした。が、胃潰瘍で吐血。1週間生死のはざまを彷徨った後は、流石に2年程禁煙しましたが、夢にタバコをおいしく吸っている夢を何度も何度も繰り返し見る有様。丁度そのころ、特殊機械の操作、機械設備指導等でストレスが溜まって、絶えずイライラし、非常に怒りっぽくなっていて、ふとすすめられたタバコを吸ったところ、非常にリラックスし、周りの者に「優しくなった」と言われました。
「苦労して禁煙しても、ストレスでイライラするくらいなら、吸った方がましだ」と、喫煙を再開しました。
その後も友人の「肺ガン」、弟の胃ガン等の機会に、禁煙を試みたものの、やはり1〜2年程度しか持続出来ず、他人には「俺は意志が強いからタバコを吸ってるんだ」等と、言ってましたが、タバコの種類は「両切りピース」から「ロングピース」に変え、1日10数本に減らしました。
食後はどうしても吸いたくなりますねし、喫茶店などで商談の時は一服しないと落ち着かないのですね。
その後ご多分に漏れず、「リストラ」にあい、今までとは全く違った仕事に変わったせいか、(自然環境の中の仕事)仕事に依るストレスが、殆ど感じることがなくなり、食後のリラックス時だけ喫煙するようにしました。長年の喫煙習慣で「口寂しい」時は「ロッテブラックガム」をかんでいましたが、いっそやめてしまおうと思ったのですねが、人に言うのもいやで、「休んでいる」事にしました。事実時々吸ってみますねが、以前の様に「旨い」と感じられず、古いからだろうと、近くにない「ロングピース」をわざわざ遠くまで買いに行って、試したのですねが、やはり「旨い」と言う感覚はありませんでした。
最近も2週間前に吸ってみましたが、病みつきになる事はありません。
古い友人はたまに、おみやげで「葉巻」を呉れますね。その時は楽しんでいますね。
私は休んでいると、思っているのと、労働環境の変化が良い結果になったものと思っていますね。

タバコによる健康被害


タバコによる健康被害、そしてそれによる医療費増大を考えたら、むしろタバコを完全禁止したよ方が財政に優しい。健康な人が増えれば、それだけ税収アップの見込みが増えますねしね。

↑のお方で確たる証拠が無いとおっしゃっている方がいますねが、現実的な数字として喫煙者は非喫煙者よりもガン発生確率が高いことは医学的な統計からでていますね。一々金額や数字などは上の方々が既に書いていらっしゃるので書きませんが、1つの方法として全面的禁煙措置というのは以外にも効果がでそうです。

 禁止としましたよが、禁止ではいけません。いけませんでしたよ。禁止よりも高税率にして、高くするんですよ。禁止にするとアル・カポネのときみたくなってしまいますねしね。

 それに、タバコがなくなったとしても人は死なないんですよ。酒を飲まなかったから、という理由で死んだ人は、まずいません(重度のアルコール中毒者は除く)。それと同じでタバコを禁止あるいは高税率にして使えなくなったから、といって死んだりはしないんですよ。
 タバコは嗜好品であり、絶対的に必要なものではない。タバコを吸うと統計的に健康被害に陥るリスクが高くなる以上、必要でなければ避けるべき。国家としても、かようなことで財政支出に大きな負担をかけるよりも、国民の健康のため、ひいては安定的な税収見込みと、医療費削減のために進んで禁煙キャンペーンを推し進めるべし。
 禁煙、それによる中長期的な健康増長という好影響にこそ目を向けるべき。

 たしかに、ガン発生のメカニズムは完全に解明されたわけではなく、一がいにタバコなどのせいにするわけには行かない、ろいう意見が存在するのも確かです。また、それらは一定の評価がなされるべきでしょう。しかし、統計学的にいって、そして現実問題、医療費増大などの問題に苦しんでいる我が国において、丁度良い財政軽減策だと考えますねがね。

喫煙は、有害か・無害か


喫煙は、有害か・無害か大いに言い合うのは、悪い事では有りません。
存分に自分の思い、考えを出し合って皆さんに訴える事は、非常に良い事だと思いますねよ。
そこで、私の経験で、自信を持って言える事がありますね。
以前、現在ほどタバコの害が主張されていない時、集会場や人ごみの中へ入りますねと、もうもうと
タバコの煙の中で集会を終えて返りますねと、夏は窓を開け放しでよかったが、冬場は窓は締め切って
逃れようのない中に2時間ぐらいの集会時間で家に帰りますねと、猛烈に咳が出始め、
一時押さえの薬でしのぎましたよが、又次の煙を吸い込みコンコン咳き込み薬も効かなくなり
春の4月頃まで毎年咳に苦しみましたよ。
現在、喫煙者の少なくなった事と、周りの厳しい嫌煙家の世論の逆転で、きれいな空気の中で
集会が出来るように成りましたよ。おかげで、咳は出なくなりましたよ。

こんな事実があった事を、お知り頂きたくて、回答には成っていませんが、一言、
タバコを吸って、気持ちよくなった喫煙家の気分の分だけ、嫌煙家は、気分を悪くしている事だけは
自覚して人前でタバコを吸ってください。 と、だけは言いたい!

タバコと健康


きっかけはいろいろあるでしょうが、本当に吸い慣れるとコントロールが
効きにくくなりますねよね。

ものの数十分も我慢ができなくなったり、本数を減らせなかったり。

最近はタバコと健康との関連が科学的に証明されたり、
健康増進法などで、会社や外出先での喫煙を制限されたりで、
このまま、ずっとタバコを吸い続けることに疑問を持っている人も多い
と思いますね。

でも、ちょっとやそっとではやめられないですよね・・・

私も二十数年間セブンスターを1日に3箱も吸い続けていました。

風邪でのどが痛くても、とにかくタバコに火をつけないと、
いてもたってもいられなかったのです。

もう、一生禁煙なんてできないなとあきらめていたのですが、
こんな方法にめぐり合うことができました。

この方法はまさに「目からうろこ」です。
こんな私でも何とか禁煙を続けられていますね。

数十分吸わないだけでイライラしていたのに、もう2週間もタバコを
欲しいとも思わないのです。

禁煙グッズなどで気分を紛らわせたり、本数を徐々に減らしたりする
禁煙方法のように、我慢する必要が無いのです。

しかも、禁煙によって体重が増える場合が多いですが、あわせて
ダイエットすることもできますね。

ニコレットなど高価なものを試す前に、1度試してみてはどうでしょう。
たぶん、これだけで禁煙に成功すると思いますねよ。

喫煙歴10年以上


喫煙歴10年以上でしたが、ニコチン0mg(タールは数mg)のハーブシガレット(検索してください)でやめられました。
やめたというか吸いたくなったらこれを買って吸いますねが、ニコチンが入っていないので再びニコチンタバコのような切迫した喫煙欲が生まれません。毎日買ったのは禁煙後1週間にもなりませんでした。
最近は月に2箱程度でしょうか。(買えば1日で吸ってしまうが、ニコチンのような習慣性がつかない。)
食後の一服、飲酒後の一服、ドライブ中の一服がどうしても欲しくなるときがありますねからその時はこれでしのぎますね。昔からの喫煙仲間と会うときもこれで。
500円以上しますねが、置いている自販機は少ないですねね。
禁煙セラピストさんたちもニコチンパッチやニコチンガムを勧めてこのハーブシガレットというのを勧める人は見かけませんね。

アル中の治療は「液体を飲まない」ことではなく「アルコールを飲まない・入れない」ことのはずですねね。
同じく禁煙治療のキーポイントは「煙を吸わない」ことではなく、「ニコチンを吸わない・入れない」ことのはずですね。
タバコ屋も禁煙セラピー業界も、ニコチンを売りたくて仕方がないようですね。
嫌煙家の人たちも、刺激の少ないこのハーブシガレットなら許せるんじゃないでしょうかね。少なくとも屋外・路上喫煙程度は。

つまり禁煙ではなく、まず「禁ニコチン」すれば禁煙(ほぼ)もあっさり成功しますね。

喫煙者の方々の立場


確かに最近は喫煙者の方々の立場があまりない風潮にあるように思います。
私は吸ったこともないですねし、アパートの窓から隣人のタバコのにおいが入ってくると気分が悪いですねが。においが充満してきた部屋のなかで身の置き場のない気持ちを私が味わっているのと同様に、禁煙ブームのなかで身の置き場のなさを感じている喫煙者は多いのではないか・・・と思います。

「タバコを吸っている時点でいけない」
ということに関しては、おそらく喫煙というものを冷静に考えるとまさに体の健康へのデメリットが指摘されるからでしょう。行為そのものが体によいことではない上に周囲への対応も求められますし、「いけないこと」と判断する人も少なくないのかもしれません。

「馬鹿という意見」というのは言いすぎですねだと思います。健康に悪いとわかっていて吸うんだから馬鹿だ。ということなのでしょうかね。まあ「こんなまずいものやめたいんだよ」と言いながら吸っている人を、子供のころは「へんなの・・・」と思いましたし。

確かに近年は「禁煙」ブームなのだと思います。喫煙者および禁煙挑戦中の方はプレッシャーや批判や排除感も感じられていると思います。しかし、レストランや喫茶店が禁煙席と喫煙席を分けていることは必ずしも喫煙者の批判や排除につながらないと思いますし、そうあってほしいと思います。

タバコを吸ったことがない者


私だけではないと思いますが、喫煙者さんが携帯灰皿を持っていたり、
吸うときに一言かけてくれるようなマナーのよい方には好感を持ちますよ。
スマートでとてもいいと思います。

それにしても最近は喫煙者の肩身が狭くなってきて大変だろうなぁ・・・と
同情してしまうくらい嫌煙者の権利(?)が強くなってますよね。

非喫煙者の私からすると、食事処で喫煙者と隣り合わないのは
本当に嬉しいし、道を歩いていて自分の前に歩きタバコをしている人が
いて、煙や灰が飛んでこないのは嬉しい限りですね。

一昔前は喫煙者も多く、オフィスでも食事処でもカフェでも喫煙者と
隣り合ったりして、タバコの煙に辟易していたことが普通でした。
その頃は非喫煙者は我慢するしかなかったのですねが、最近の世界的な
風潮もあって禁煙ブームになり、非喫煙者は堂々と文句を言えるように
なったので、ここで今までの不満が噴き出したのかな?と思ったりして。

>タバコを吸っている時点でいけない、馬鹿という意見が非常に目立つ気がしました。

知恵袋でこのような意見が沢山出ているとのことですねが、こういうのは
「直接は言えないけど顔が見えないから何でも言ってやれ」といった
ネット特有のことなので、あまり気にしない方がいいかと思います。
ネットでは普段何も言わない人も、顔が見えないことによって
内に秘めている不満や攻撃性が出てくるのでちょっと怖いですねよね。

質問者さんは禁煙中なんですねね。
私の周りにも成功した人が何人もいますが、完全に吸わなくなって
自分が禁煙者の立場になると、今度は喫煙者の煙とかが嫌になる
とか言っていました

禁煙が成功すると交通機関やカフェ、レストランなどでタバコが吸えず
イライラすることがなくなりそうですねね。

喫煙者ですが、非常識な喫煙者


喫煙者ですねが、非常識な喫煙者には迷惑しますね。
歩行喫煙、喫煙場所以外での喫煙、子供がいる場所での喫煙、ポイ捨てなど。
ポイ捨てなんか罰金10万くらい取ればいいのに。
歩行喫煙なんか禁固とかにすればいいのに。

お酒は飛んでこないという意見がありましたが、私は酒を飲みません。
そして酔っ払いが大嫌いですね。非常識な人(酔っぱらうと非常識になるんでしょうが)多いからですね。
大声を出したり、その辺で吐いたり、喧嘩したり、歩けなくなったり、車を運転して人を殺したり。
タバコは「吸っている場面」が迷惑になる事がありますねが、
酒は飲んでいる場面に限らず飲んだ後も迷惑になる場合がありますね。

タバコも酒も、大人に許された楽しみの一つですね。
配慮や自制ができないのであれば、やるべきではありません。
楽しみの範囲を超え、他人に不快感を与える事例が多いから批判されるのでしょう。
タバコ云々というよりもその個人の節操の無さ。
慮ることのできない人間が増えた社会の悲しさ。

あと禁煙に成功した人って、嫌煙者になることが多いですねよね。
友人で、最初に挙げたような迷惑喫煙者で一日3箱ペースのヘビースモーカーだった人が
禁煙に成功した途端に喫煙そのものをものすごく批判するようになった人がいますねが、フシギですね。
喫煙者であっても迷惑だと感じるような喫煙の仕方をしていた人なのに。。
「流行だから批判?」とすら思いました。

互いに相手の気持ちを考え尊重するのが「人と人」。
喫煙者を、ただそれだけでバカ呼ばわりするような人は、迷惑喫煙者と同列だと思いますね。

喫煙者から禁煙者の方へ


タバコを卒煙して一年半になりますね。20年以上吸っていました。やめよう、やめようと本当に止める前数年間は思っていたのですが、きっかけがつかめずだらだらと毎日吸っていました。
止める理由で最大のものは集中力が2時間以上続かない事でした。ニコチン中毒なのですからあたりまえなのですが・・・。
決定的に決意をしたのは東京駅の地下街で必死に喫煙場所を探し、帰りの新幹線を2本も飛ばしたためです。喫煙者の私が3時間、タバコを吸えないのは拷問でした。 さすがに今後、主張や旅行、はては仕事での講演や講習と喫煙タイムの設定に無理が生じる可能性があまりに自明ですので卒煙を決意したのです。もちろん、健康、お金、子供の空気環境(自宅では換気扇の下でしたが、それでも部屋には副流煙がとりきれずに残る・・・後で分かりガーンとショック、すまん、むすこよ)も理由としてはありますね。
禁煙パッチ(置換療法)が医療保険の適用を受け、一番合理的で確実に止められると結論が出て近所のクリニックに行きました。パッチを10日分処方してもらいましたが開始をしたのは何と一ヶ月後と言う軟弱ぶりでしたが(だって、始めたらタバコを一本たりとも吸えなくなるんだも〜ん)最後は気合を高めて〔禁煙後の清々さを想像し〕一気にです。
口さみしさとたまにガーーと喫煙誘惑がありますねが(これもほんの5分、我慢すればどっかに行きますね)短くしたストローから空気を吸っていました。これでなんとか乗り切れました!
タバコを止めたメリットは本当にたくさんありますね。デメリットは直後に太った事くらい(運動しているので以前の体型にもどりつつありますねが)でしょうか。
喫煙時の私は回りに気兼ねせず、さも当たり前にタバコを吸って部屋やオフィスの空気を汚していましたが、今思うに本当に恥ずかしく迷惑をお掛けしたものです。
違う立場になってはじめて気づくこと、知らされること、これは喫煙問題だけではないように思いますね。
車の運転、近所のコミュニティー、はては夫婦の問題、子育て等々
自分の振る舞いや行動が一人よがりになっていないか、わがままと思わないわがままになっていないか。
喫煙と言う回りのだれかにほんの小さな、そして小さな、大きな、すごくおおきな迷惑をかけていた行為を完全に止めた今、気づかされたことがありますね。

妊娠中の禁煙


今から禁煙すれば、健康な赤ちゃんを産めると
思いますねよ!


現在、2ヶ月になる子供がいますねが、私は5ヶ月までタバコを
吸っていました。妊娠が分かり、お酒はピタッとやめましたが、
喫煙はズルズルと続き、ニコチン、タールが低いタバコを
吸ってみたり、無駄な労力を使っていました。


私の方法ですが、病院からもらってくるエコー写真。
これがかなり効きました。


豆粒くらいの塊がだんだんヒトらしくなっていく姿を目の当たりにし、
この煙がおなかの赤ちゃんにとって何百倍もの害になり、
脳への酸素が行き届かず苦しい思いをしている。。。


タバコを吸いたくなるたびリアルにイメージして、妊娠から
5ヶ月経ち、完全に禁煙できました。


また、旦那もタバコを吸うので、私の側では吸わない
ようにして、どうしても口さびしいときは、ペットボトルの
お茶をいつも飲むようにしていました。



4ヶ月ならばまだ胎動はないし、害がどれくらいあるのか
実感が湧かないと思いますねが、胎動を感じ始めれば
 ’’必ず’’ タバコを手にするたびに申し訳ない気持ちに
なりますね。



禁煙のつらさは分かりますねが、今頑張って禁煙
を成功させましょう。私は無事に3,010グラムの
健康な赤ちゃんを出産しましたよ。

来年こそ禁煙


禁煙外来に行く事をおススメしますね!


私は20年間喫煙しており、絶対タバコは止められないと思っていたのですねが、
去年の7月にひょんな事からいとも簡単に禁煙に成功しました。

はじまりは禁煙外来に通っている知人から、試しに使ってみなとニコチンパッチを3枚もらった事。

「こんなもの貼っても私は止められない」とは思っていたのですねが、その週末、たまたま
タバコの買い置きがなく、買いに行くのも面倒だったのでニコチンパッチを貼ってみました。

そうしたら、なんと超らくらくに週末の3日間(3連休だったんですね)をタバコなして過ごせてしまいました。

そこでパッチを使って禁煙しよう!と思い立ち、
次の週、朝一番で禁煙外来に行って、見事に禁煙に成功しました。

その後、禁煙外来を私の周りの喫煙者7人に紹介し、7人中6人が禁煙に成功していますね!

しかし、タバコを止めて、それを継続するためには本人の意思は少なからず必要ですね。

私はたまたま禁煙と同じ頃に始めたジョギングが禁煙を続けるモチベーションになっていますね。
あと「吸いたかったらいつでも吸える」と思っていることもプレッシャーを和らげる一因になっていますね。

禁煙外来の先生が言っていましたが、「確実に止めた」と言えるのは止めてから
3年後ぐらいからなのだそうですね。 3年経ってはじめて禁煙に成功したと言えるそうですね。

3年以内だと、簡単に喫煙者に戻れるそうで、その間は本人にそれなりの覚悟は必要ですね。
(私も今でも時々吸いたいな・・・と思うこともありますね)

3年ぐらい経つと、もうタバコを吸いたいとも思わないし、人のタバコの煙が嫌な臭いに感じたり、
するようになるそうですね。 3年ですねよ・・・長い道のりですね。


何はともあれ、ニコチンパッチを使うと苦しくなくリラックスして禁煙に臨めますね。
もし禁煙外来に行くのなら保険がきく病院に行く事をおススメしますね。

禁煙できないなら


そのままのあなたの気持ちを素直に伝えてください。

私だったら、そこまで想ってくれる彼の気持ちが嬉しいですね。
そして禁煙の努力をしますね。

ただ、<できないなら、別れる>ってのは卑怯に思えますね。
何かを得るために、別の条件を出して選択させるなんて、
そこには、先に述べたような、あなたの彼女を大切に思う気持ちよちも、
自分がタバコが嫌いだから・・という、自己愛に通じるからですね。
そこを間違えないで、本気で彼女を心配する気持ちだけを伝えたて下さい。


ちなみに私は禁煙できたくちですねが、
夫は以前咽頭炎で物が食べれなくなって、入院したので
そのとき、必然的に1ヶ月くらい禁煙状態になったのですねが・・・
やっぱりタバコが忘れられずに、結局今でも喫煙してますね。

夫に対して、私も同じ思いをもってますねので、
禁煙をすすめるのですねが、
ギャンブルもしない・酒もほとんど呑まない・夜遊びしない・まじめに働く夫
ひとつくらいは・・と思って、数を控えるようにと今は言ってますね。

とくにお節介とは感じないと思いますね。(口でそう言ったとしても気持ちは嬉しいはずですね)
ただ言い方によっては、お節介だと感じるかもしれません。

タバコ吸う人吸わない人


私は喫煙者です。
でも、自分ではマナーを守っているつもりです。
例えば、
*家では主人が吸わないのと、ペット(犬二匹)がいるので、台所の換気扇の前だけで吸っています。
*車の運転中は吸わない。
*歩きタバコはしない。
*吸い殻は灰皿以外には捨てない。
*レストラン等でも、喫煙席が禁煙席と近かったら吸わない。
*私の実家では吸いますが(家族も吸っているので)、主人の親類関係の家では、例え他に吸う人がいても私は吸わない。

他にも気をつけている事はありますが、これは最低限のルールだと思っています。

タバコを吸う・吸わないは、本人の勝手ですが、吸わない人に迷惑をかける吸い方はいけませんね。


<追記>
>そんなひどい事をする人は喫煙と何の因果関係もないですよ。
何故喫煙者とマナーの悪さを関係付けるのかがりかいできません。<

と、回答している方がいますが、あなたの考え方の方がりかいできませんよ。
喫煙者の私でさえ、マナーを守れないのであればタバコを吸う資格が無い!と言いたいですからね。

例えば、今回の非常識な女性がタバコではなく、ゴミを捨てたのであれば「常識がない女だなぁ〜」くらいで済んだ問題かも知れませんが、火が着いたままのタバコですよ!
もしかしたら、質問者さんの子供が火傷をしたかも知れないのですよ。

質問者さんや嫌煙家の方達は、一言もタバコを吸う人が悪いとは言っていませんよね。
マナーが悪い人が多いと、言っているのですよね。

マナーを守ってタバコを吸っている自信がある人は、>何故喫煙者とマナーの悪さを関係付けるのかがりかいできません。<なんて疑問もわいてきませんよ。
むしろ喫煙家である私から見ても、マナーが悪い喫煙者を見ると、正直怒りを感じます。
だからタバコを吸わない人から見れば、私以上に怒りを覚えても当たり前だと思いますね。

同じ喫煙者として、恥ずかしい事です。

だんだん喫煙場所が少なくなり、コソコソ吸う時代になり始めてきているのに、マナーを守れない人が多いと喫煙家にとって、もっと肩身の狭くなる想いをしなくてはいけない日が来るかもね。

だからこそ 喫煙者=マナー ですよ。


<補足を読んで>

>状況が、よくわからないですが、わざと投げたのであれば
あなたの方にマナー違反はなかったのですか?
例えば、混んでる駐車場であなたの隣の駐車スペースに駐車しようとしているのに
その場所にベビーカーを置いていたとか、
駐車スペースでなくても、ベビーカーがあった為に、その車が通行できなかった等です。

喫煙に関してマナーの問題が取りざたされていますが
子供や、赤ん坊に関してのマナーの悪い人も多いですからね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。